日本代表26名予想

雑感Leave a Comment

soccer ball beside trophy on soccer field

代表の欧州遠征がありましたね。アメリカ戦は相手のコンディションがあまり良くなかったのか、日本のやりたいサッカーがある程度出来てた気がします。エクアドル戦は、なぜか日本がターンオーバーをしたせいもあってか、かなり苦戦をしてました。

11月1日には26名の代表入りメンバー発表されるみたいなので、 ちょっと予想してみたいと思います。

GK

  1. 権田修一(清水エスパルス)
  2. シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
  3. 川島永嗣(ストラスブール/フランス)

GKはこの3人な気がしますね。谷選手(湘南)、大迫選手(広島)も候補だと思いますが、GKは経験が求められることを考えると選ばれにくいかもしれません。権田選手の負傷の程度も気になりますね。

DF

  1. 吉田麻也(シャルケ/ドイツ)
  2. 冨安健洋(アーセナル/イングランド)
  3. 伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)
  4. 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
  5. 長友佑都(FC東京)
  6. 酒井宏樹(浦和レッズ)
  7. 中山雄太(ハダースフィールド・タウン/イングランド)
  8. 山根視来(川崎フロンターレ)

4バックだと思われるので、それぞれのポジションに2名ずつと考えると最低でも8名選出となると思います。冨安選手と伊藤選手はサイドバックができるもの選出理由になるはずです。板倉選手(ボルシアMG)の怪我が回復すれば谷口選手に代わっての選出もあるはずです。瀬古選手(グラスホッパー)は難今回は難しそう。

MF

  1. 遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
  2. 守田英正(スポルティング/ポルトガル)
  3. 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
  4. 田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
  5. 伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
  6. 堂安 律(フライブルク/ドイツ)
  7. 原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
  8. 南野拓実(ASモナコ/フランス)
  9. 相馬勇紀(名古屋グランパス)
  10. 三笘 薫(ブライトン/イングランド)
  11. 旗手怜央(セルティック/スコットランド)
  12. 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)

中盤が一番悩みそうです。ここ最近低調な柴崎選手(レガネス)をメンバーから外しましたが、ボランチ本職を4人揃えるなると入ってもおかしくないです。鎌田選手がここ最近は自チームでボランチをやったりしているので、いざとなれば、そのような選択が無いわけじゃないですが、ターンオーバーのような事はやりづらくなりますね。

旗手選手はなぜか欧州遠征で出番が無かったんですが、彼は中盤であればどこでもできるし、サイドバックもやれるので入ってくると思ってます。(希望的観測)

南野選手はコンディション不良が続いてますが、中盤が12名枠になれば入ってくるでしょう。

FW

  1. 前田大然(セルティック/スコットランド)
  2. 古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
  3. 上田綺世(セルクル・ブルージュ/ベルギー)

森保監督の一番の誤算はFW陣だと思います。本来は大迫選手(神戸)が軸になるはずだったと思いますが、コンディションが全然上がってきませんでした。本来はポストプレーからのサイド攻撃を考えていたと思うんですが、とはいえ、強豪相手にボールを握って試合を運ぶのは難しかったかもしれないので、どこかで方針転向は必要だったのかもしれません。

ということで、守備ブロックを作ってカウンターということを考えれば、 前田選手・古橋選手が効果的な気がします。エクアドル戦はアメリカ戦同様に前からハメにいってましたが、機能不全に陥ってました。中盤の運動量が少なかったせいもあると思いますが、W杯本番でエクアドル戦のように前線からの守備が機能しない場合の対応策が気になりますね。

ドイツ戦のスタメン予想

ついでに初戦のドイツ戦スタメンも予想してみます。こちらは、試合直前のコンディションとかで大きく変わると思いますが、一旦、欧州遠征の結果だけみて考えました。

           前田

久保    鎌田    堂安

    守田   遠藤

長友  冨安   吉田  酒井

      権田

右サイドハーフは伊藤純也選手の可能性が高いですが、敢えて堂安選手を選んでみました。特に初戦は、守備の時はブロックを作って引いて守る気がします。なんとか耐えて、70分位から伊藤選手や三苫選手が出てきたら相手は嫌だと思うんですよね。(そんな上手く行かないのがサッカーですけど)

左サイドバックは長友選手を選びました。エクアドル戦は攻守に気が利いていたので、評価が一段と上がったと思います。

FWは運動量に期待して前田選手を選びました。ドイツ戦は孤立することも多くなると思いますが、それでも前田選手は自分のタスクを淡々とこなすので、その辺も評価ポイントです。

今後の日本代表の試合

親善試合

  • 11/17(木) 22:40~ カナダ戦 (NHK総合)

W杯グループリーグ

  • 11/23(水) 22:00~ ドイツ戦(NHK / ABEMA)
  • 11/27 19:00~ コスタリカ戦(テレビ朝日 / ABEMA)
  • 12/02 04:00~ スペイン戦(フジテレビ / ABEMA)

    ※時間は日本時間

楽しみですね!

フランクフルトおめでとう!
会社でサッカーの育成について語った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です