アップに使ってる練習

ジュニアサッカーLeave a Comment

0

この練習をなんと呼ぶのか知らないが、下の図のような練習を毎朝している。目的はアップと短距離の加速とターンのスピードを上げる事。

NewImage

  1. まず、手前のコーンのところで足を広げて立つ
  2. 別の人が、ボールを広げた足の間を通るように蹴る
  3. 右回り、もしくは左回りでターンして、向こうのコーンにボールが到達するまでに止める
  4. ボールを別の人に戻して、1.から繰り返す

1.の時の姿勢が大事で、ボールを見ようと前かがみになったり、足を広げすぎたりしていると早くターンできない。
回転の方向も、自然に回れる方向(ナチュラル)と、苦手な方向(アンナチュラル)とがあるので、向きを意識して回る。
ボールを止める時は、足の裏を使う。

上記の練習兼アップを10回〜15回やっている。

最初はアンナチュラルの時に身体が流れて大回りしていたが、姿勢が良くなってから速く回転できるようになった。

20120510-105134.jpg

ランキングに参加してます! ボタンを押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

練習方法を少し変えた
リフティングの練習は5歳くらいからでいいと思う

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

コメントを残す