左右のリフティング

ジュニアサッカーLeave a Comment

こないだから、リフティングを左右の足でやるようにしてる。それまでは主に利き足の右足だけでやる事が多かったが、そろそろ次のステップに進めたいと思ってる。

左右のリフティングは、ボールコントロールと同時にリズムが大事になる。あと、ボールをあまり上げなくても、リフティングが続けられる。右足だけでリフティングしていると、ボールにある程度の滞空時間ないと、もう一度ボールを上にあげる事が出来なくなる。

滞空時間が短いというのは、ボールの移動距離が短いという事だ。つまり、ボールの落下速度が上がる前に、また上に蹴る事ができる。

早い速度で落ちてくるボールを上手い事上に蹴り返すのは、難しいのでミスも多くなる。

もちろん、このスキルがそのままサッカーに活かせるわけではないが、リフティングの練習をする間に、必要な筋力やボールのコントロールが身につくのは確かだ。

20121130-085838.jpg

ランキングに参加してます! ボタンを押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
短い朝練
フェニックス祭り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。