セレクションのあるジュニアチーム

ジュニアサッカー, セレクションLeave a Comment

カズの練習の時に、6年生にお兄ちゃんが居るパパと話した。今年の6年生はマリノスのジュニアユースに2名確定しているらしい。

4年生になると、ヴェルディやFC東京といったJリーグのジュニアチームへのセレクションが始まる。

ちなみに少年サッカーの呼び名的には

・ジュニア → 小学生
・ジュニアユース → 中学生
・ユース → 高校生

となっている。

カズは所属チームを辞めさせて別のチームのセレクションを受けさせる気はしてない。確かにレベルの高い中でやった方が上手くなるだろうが、所属チームの仲間を大事にすることの方が、カズにとっては大事だ。

小学生のうちに、勝ち負けを意識しすぎるのもどうかと思う。

そういえば、秋季大会の時にこんなことがあった。

カズのチームメイトにA君という男の子が居る。サッカーがあまり上手でない。

少し前の、とある試合直前、カズが「A君が来てなくてよかった」と言っていた。周りのノリに合わせて言ってるのだが、僕は真剣に激怒した。「いいか、二度とそんな事を言うな、いいな!!」と皆の前だが叱った。

そして、秋季大会の日。1点ビハインドの状況でA君がピッチに立っていた。それを見たB君が「A君の代わりに俺を出せばいいんだよ」と言っているのを聞いて、カズは「それは違う、負けたらチーム全体の責任だ!」と言い放ったらしい。

それを聞いて、僕は感動した。そう、これがチームプレイの良さだよ。

しかし、その試合はあっさり負けて、しかもB君はその後も「俺を出せ、俺を出せ」と言い続けてたらしい(笑)

A君もB君もみんな大事なカズのチームメイトだ。

ランキングに参加してます! ボタンを押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
秋季大会
次のレベルの練習

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。