イギリス留学(A-Level)

高校サッカー2 Comments

突然の報告ですが、カズは9月からイギリスへ留学をします。短期留学ではなく、多摩大目黒高校を辞めてイギリスの高校へ入学しなおしです。多摩大目黒や学校生活に問題があるというわけでは無いですが、少し環境を変えたいという彼の希望もあり、親としては応援することにしました。(支出がヤバイですが😅)

実は、今年のGWはふたりでイギリスに行ってきて、学校の下見をしてきました。この話はまた書きます。

今日は、イギリスの高校の制度について書きたいと思います。

A-Level

カズが行くのは Buckswood という学校で、イギリスのインターナショナルスクールです。イギリス人が半分くらいで、あとは各国から集まった高校年代の生徒が居ます。

この学校では A-Level(GCE Advanced Level)というイギリスの統一試験を受けるための勉強をします、A-Levelの試験結果でランクが決まります。ランクはA*,A~Eがあるんですが、ある程度まじめに勉強していれば「A」が取れるようです。例年であれば上位25%強がA*またはAです。(2020年・2021年度はコロナ禍で試験を実施せず、教師が評価を決定したようでA以上が45%とインフレしています。)

wikipediaより

なので、当面の目標はA-Levelで「A」を取ることになります。

教科

A-Levelには50教科あって、ある程度自由に選択できます。日本の高校だと理系・文系で大きく分かれて、その中に選択科目がありますが、それより、もう少し自由な組み合わせが可能になっています。ただし、大学が求める科目に合わせる必要はあるので、結果的には日本で学ぶのと近い形になるのかもしれませんね。

引用:GCE(General Certificate of Education)とは? (nisai-british-onlineschool.com)

英語対応

授業は、もちろん英語です。カズが英語ペラペラかというと、そんなことは全くないです。なので、最初の1年はESL(English as a Secondary Language)という、英語の勉強を行います。残り2年でA-Levelの各教科の勉強をします。

多摩大目黒が中高一貫高なので、教科の進みが少し早い事が有利に働いていますね。

日本の大学入試

カズはイギリスの大学ではなく、日本の大学へ進学予定です。(大学の学費までは出せない😂)

2016年の日本の学校教育施行規則の改定により、A-Level が大学受験の資格として正式に認められました。もちろん、受験はしなくてはいけないので「高校卒業資格」と同等ですね。前述したように、大学によっては教科が限られている場合があるので、どの大学に行くかで学習するものも変わってきます。

同じ学年の友だちと比べると、1年半から2年遅れての大学受験となります。その事は本人的にはあまり気にしてないようですね。

ということで、しばらく留学について書いていこうとおもいます。

ランキングに参加してます! ボタンを押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
U23 韓国に勝利
最後の登校

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2 Comments on “イギリス留学(A-Level)”

  1. 何年も前から、ブログを見させて頂いております。ボカ、ヴェルディ、ブロックトレセン、キッズエリート、横浜FCスクール日吉、S、横浜FCジュニアユース、カズくんのあとを追って来たかんじです。海外の巻、楽しみにしてます。また、真似するかもです(笑)引き続きよろしくお願い致します。

    1. ご連絡ありがとうございます!
      イギリス留学後は、カズ自身にブログを書いてもらおうと準備中です。
      私も、彼がどんな日記を書くのか、今から楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。